『オンラインウエディングとは』

-2020.12.25

 

オンラインウエディング(結婚式)とは、リアルタイムに結婚式の挙式・披露宴の様子を配信し、オンラインでゲストに参加してもらうスタイルのことです。本当だったら招待したい親族や遠方に住んでいるゲスト、友人などたくさんの人に祝福してもらいたいと思いますが、事情により参加が叶わないゲストにも結婚式に参加しているような感覚や結婚式を一緒に楽しんでもらえるような、またお祝いできるような時間を作れる、ということから始まりました。

 

オンラインウエディングといっても、

・2人だけで挙式をあげ挙式の様子をオンラインで配信する

・親族だけ(10名~20名前後)会場に招待し、ゲストはオンライン参加

・人数を固定せず参加できる人は会場参加し、難しい人はオンライン参加

など様々なスタイルから選ぶことができます。

またオンラインウエディングは、You tubeのように配信を見てもらうだけ、Zoomのように双方向で会話ができるようにする、など選ぶ配信内容により演出も異なります。

 

オンラインウエディングにかかる費用

 

 

オンラインウエディングにかかる費用は、どのようなスタイルを選ぶかによって大きく異なります。例えば、挙式の様子だけを配信する、挙式・披露宴の両方とも配信する、結婚式の一部を配信する、配信に加えてゲストに料理やギフトを事前配送する、など配信以外にも費用がかかることがあります。今回はアイスタイルオンラインウエディングで行った際の費用をご紹介していきます。

 

◇挙式のみ配信(You tube) 98,000円(税別)

プロカメラマンによる配信スタイルです。ゲストには配信用のURLを事前に送っておき、時間になったら入ってもらい挙式を一緒にお祝いして頂きます。配信した映像は新郎新婦にプレゼントしていますので、自分の結婚式の映像がいつでもスマホで確認できます!

 

◇挙式・披露宴配信(You tube) 155,000円(税別)

2台のカメラを使用して、挙式と披露宴の様子を配信します。主役の新郎新婦だけでなくゲストの表情やコメントを撮影したり、ゲストから送られるメッセージに会場で答えていく、などオンラインと会場を繋いだ様子など一体となるような撮影をしていきます。挙式配信と同様に撮影した映像は新郎新婦にプレゼントしています。

 

◇一部配信(Zoom) 70,000円(税別)

結婚式の一部(披露宴の余興として、主賓や乾杯挨拶として、スピーチとして、オンライン参加のゲストとの会話など)をZoomを使いリアルタイムに配信をしていきます。30分、45分など一定の時間を決めて配信することで、ゲストへの負担をなくしたり、披露宴にメリハリをもたせたりする効果があります。

他にも結婚式の余興として、投げ銭システムを使ってゲーム感覚で新郎新婦にお祝いをしたり、集まったお祝いに対して新郎新婦からのお礼が受け取れたり、システム上でリクエストを送ることができたり…など双方向で楽しくやりとりができる演出も人気です。

 

◇挙式のみ配信(You tube)+挙式&ロケフォト(挙式料・衣装・美容・写真等込み) 330,000円~(税込み)

挙式の配信と挙式とロケーションフォト撮影がセットになった、アイスタイルオンラインウエディング専用の特別プランです。

2人だけの挙式プランですが、ゲストを呼んでももちろんOK!参列することができないゲストにはオンライン配信を使って当日の様子をお届けすることができます。

挙式場所は、本格チャペル、ペットOKのチャペル、ガーデン、自宅、公園、フォトスタジオ…などお好きな場所から選んで頂くことができるのでオリジナルウエディングにも対応しています。挙式が終わった後は、ロケーションとなる場所で時間をしっかりかけて思い出の撮影をしていきます。ゲストが参列していた場合は、ゲストとの撮影タイムも設けることができます。

 

【プラン内容】

・挙式配信

・挙式料(人前式、結婚証明書付)

・衣装(ウエディングドレス・タキシード)、衣装小物、ヘアメイク、介添え、挙式装飾、

    ブーケブートニア、写真カメラマン等

・ロケーションフォト

              (選んだ挙式会場でロケーションのいい所で1時間ぐらい時間をかけて撮影をしていきます。)

・写真データ(100カット以上)

 

挙式とロケフォトと配信をセットにした欲張りプランで1日をめいっぱい楽しんでみませんか?

 

お問合せ

 

オンラインウエディングの配信映像です!ぜひご覧ください!

 

 

オンラインウエディングのメリット&デメリット

 

 

結婚式はみんなで集まるイベントでしたが、コロナ禍で状況は一変しました。しかし、「いつでも・どこでも・手軽に」参加できるオンラインはみんなが集まれる新しいスタイルとして結婚式に取り入れる人が増えてきました。オンラインウエディングのメリットやデメリットはどのようなものが考えられるでしょうか。お客様のリアルな声を元にご紹介していきます。

 

*オンラインウエディングのメリット

ゲストの負担が少ない

→オンラインウエディングはゲストに移動の負担がなくなること(特にコロナ禍だと遠方ゲストはもちろん、都内でも移動を避ける人もいるので)、ご祝儀など高額なお祝いを用意しなくてもいいこと、などがあげられます。

 

結婚式の予算削減

→結婚式にかかる費用が全体的に抑えられました。招待する人数にもよりますが、少人数であれば招待状や席次表などのペーパーアイテムや受付グッズ、演出、お車代(遠方ゲストに渡すもの)などに予算をかけることが少なくなりました。

 

三密が避けられる

→コロナ禍では特に気を付けたい三密を避けることができる、また受付などをしないので接触機会も減り安心安全が確保されます。

 

ゲストを誘いやすくなる(参加しやすくなる)

→今までは、遠方だから・人数が多いから二次会から参加・予算がかかるから、などの理由でゲストを誘う人数を制限していましたが、オンラインウエディングなら基本的に人数制限がないので、気軽に声をかけやすくなる。また、ゲストも参加しやすくなり(小さな子供がいたり、遠方に住んでいたり、自分の事情で参加を検討しなくてはいけない人も多いです)たくさんの人に祝福してもらうことができるようになる。ゲストが会場参加かオンライン参加かどちらかを選べるのはとてもいいと思いました。会場に行けないと断る以外選択肢がありませんでしたが、オンラインで短時間でも参加ができると、気持ち的にホッとします。

 

遠方ゲストの宿泊や交通費を考えなくてより

→遠方からのゲストがオンラインで参加した場合、宿泊場所(場所の手配や人数の増減があった場合の連絡が意外と手間がかかります)や交通費(夏休み時期など高額になる)など負担になる部分を新郎新婦が補う部分が減ります。

 

遠方や海外でも参加しやすい

→ネット環境さえ整っていればいつでもどこでも何時でも参加することができます。

 

新郎新婦の準備や手間が減る

→オンラインウエディングはゲストにURLを送るだけで参加してもらえるので、準備に余計な手間がかかりません。

 

結婚式の思い出としてアーカイブが残るので記念になる

→結婚式が終わった後にすぐに見返すことができます。自分たちが見れなかったシーンや知らなかったシーンなどがたくさんあるので結婚式直後に見ても感動や発見があってとても楽しめますし、スマホで視聴ができるので手軽に持ち運びも可能です。親に記念として映像を送るのもいい思い出になりました。

 

リアルタイムに発信ができる

→You tube、Zoom共に多少のタイムラグはあったとしてもほぼリアルタイムに結婚式が配信できたり、メッセージを残すことや会話をすることができます。結婚式の演出のひとつとして会場とオンラインを繋げてイベントを行うなど、色々な発信方法ができます。

 

*オンラインウエディングのデメリット

 

配信が電波状況に左右されやすい

 →個々の電波状況により配信された映像が途中で切れてしまったり、音声がとぎれる可能性があります。不安な点が多い人には事前にデモで入って通信環境の確認をしておくと安心です。

 

料理やドリンクなどは自前で準備

→結婚式を一緒に楽しんでもらうために料理やおつまみなどがあるとよりお祝いムードも高まるのではないでしょうか。

事前に結婚式と同じ料理やドリンクを配送できるサービスもありますが、ない場合は、引菓子や乾杯酒、おつまみセットなどを用意して配送するのもおススメです。用意がない場合は、自分で用意してもらうようにアナウンスしておくとよいでしょう。(例えば、結婚式を一緒に楽しんでもらいたいので、気軽にお酒を飲んだりしながら寛いでください、など)

 

 

オンラインウエディングは一体感がでにくいのでは?

→画面をずっとみているだけだと一体感が出にくかったりしみさうので、意識的にお祝いをしているような演出を取り入れることがおススメです。例えば、人前式で承認の拍手をもらう時に一緒にやってもらったり、リボンワイズを振ってもらったり、誓いの言葉を問いかけてもらったり…

オンラインで参加するゲストの顔ぶれなどを考えながら、どんな演出がいいか考えてみてはいかがでしょうか。

 

お問合せ

 

オンラインウエディング、呼ばれたゲストのリアルな声

 

◇オンラインウエディングに参加してどうでしたか?

 

7割ぐらいの人がオンラインウエディングに好意的な印象をもったようですね。具体的にどんなことが良いと感じられたのか、改善点はどんなことになるのでしょうか。

*良かった点

・事前にタイムスケジュールが送られてきたので、歓談中に自分で食事をとるなど自由に時間が使えて良かった

・You tube配信だったので、会場のスクリーンに映し出されることがなかったので気軽で良かった(会場に映る場合、服装に気を付けたりしないといけないし、結婚式中ずっと離脱できないのはちょっと辛いと思っていたので)

・事前にお菓子やギフトや新郎新婦からのメッセージなどが送られてきて配慮が感じられ、一緒に楽しむことができました

・新郎新婦と時間を区切ってグループで会話ができて、直接おめでとうと言えたのが良かった

・新しい形の結婚式なのでどのようになるか想像もできなかったけれど、会場に行った時と同じようにお祝いすることができたし、事前にギフトも届き結婚式への期待も高まり、いい思い出になりました。

・コロナ禍で直接参加することが出来なかったので、オンラインで参加できて嬉しかった。行けない罪悪感がなくなってホッとした。

・会場に行きたいけれど行けない事情の人にはいいサービスだと思った。

 

*改善点

・電波状況にかなり左右されるので、見ている方が安定した環境にいることが大切だと思った。

・料理や飲み物などが送られてくると特別感が出るので、結婚式っぽい物が送られてくると良かった。

・Zoomなど画面に自分が映されっぱなしがずっと見られているようで辛かったので、出入り自由とか、リラックスタイムとかアナウンスが欲しかった。

 

 

【実例!オンラインウエディング】私たちのオンライン結婚式

コロナの影響で、遠方から来れなくなってしまったり、出席できる人が減ってしまったり、人を集めることが難しくなり予定していた結婚式が執り行えなくなってしまった新郎新婦。

少しでも結婚式の様子、2人からの感謝の気持ちが届くように、オンラインで配信することを決めました。

初めての試みに試行錯誤しながら、ゲストに気軽に楽しんでもらえるような演出を考えてオンラインウエディングを開催した先輩カップルをご紹介致します。

 

挙式日 :2020年8月

配信場所:専門式場

配信ツール:You tube

招待人数:40名様(両家親族・友人)オンライン参加30名様

招待状 :web招待状を作成

ギフト :オンライン参加の会費を頂いていたので、参加の方には事前に挙式に使用するリボンワイズ・ウエディングスケジュール・乾杯酒・プチギフトを郵送

 

*オンラインウエディングの感想*

70名ぐらいの結婚式を予定していましたが、遠方で移動が難しい、会社が県をまたいでの移動を自粛している、仕事柄出席が難しい、など出席できる人が半分ぐらいに減ってしまったため、オンラインウエディングを取り入れて結婚式をすることにしました。

ゲストには自由に気軽に結婚式に参加してもらいたかったので、スクリーンには全員のゲストが映らないようにし、必要な時だけ出演してもらいました。

コロナ禍での準備は、考えること、気を付けること、準備が多く、結婚式をあげるか迷いましたが、結婚式に出席できなくなってしまった方からオンラインでウエディングをしてくれてありがとう!お祝いができて本当に良かった!花嫁姿をみることができて嬉しかった!とたくさんの方々に祝福して頂けたことがとても嬉しかったです。

最初はオンラインウエディングはどんな形になるか分からなかったのですが、実際にやってみると思った以上に楽しく、一体感もあり、ゲストにも喜んでもらえたので、結婚式を挙げて本当に良かったと思いました。

 

 

挙式日 :2020年9月

配信場所:レストラン

配信ツール:You tube

招待人数:60名様(両家親族・友人)オンライン参加30名様

招待状 :web招待状を作成

ギフト :参加費は頂かず配送無し

 

 

*オンラインウエディングの感想*

100名ぐらいの結婚式を予定していましたが、コロナでお互いの親族がほぼ来れなくなり、友人もだんだん欠席することになってしまい

結婚式をすることに迷いや悲しい気持ちになっていた所、オンラインで配信ができることを聞き取り入れてみようと思いました。

準備は自分たちで用意したものはなく、URLを親族や友人に送るだけだったのでとても楽でした。

配信した映像を結婚式後に見れたり、親族や友人からメッセージをもらえたりして思い出が増えて良かったです。

何より結婚式を楽しみにしていた親に感謝を伝えることができ、とても感動的な瞬間になって結婚式っていいなと思いました。

親は結婚式を挙げることができてスタッフ・レストランさんに感謝です!と言っていました。

 

 

挙式日 :2020年10月

配信場所:イベントホール

配信ツール:You tube

招待人数:60名様(両家親族・友人)オンライン参加60名様

招待状 :web招待状を作成

ギフト :参加費を頂き、オンライン参加者用に引菓子と乾杯酒を事前配送しました。

*オンラインウエディングの感想*

オンラインウエディング

会場に、配信しているYou tubeの様子を映しながら進行していたので、ゲストからほぼリアルタイムで送られてくるメッセージを見ながら

リクエストに答えたり、会場からの呼びかけに答えてもらったり…と会場とオンラインをうまく繋げてパーティーを行うことが出来、とても楽しかったです!

自分たちが中座中は、会場のゲストが自由にダンスを始めて、オンラインゲストからアンコールがあったり、リクエストに答えてもらったり…と自由に楽しんで

くれていたのが本当に良かったです。

当日の映像をすぐにもらえたので結婚式後に2人でみて、ゲストの様子や自分たちが知らなかったシーンを見ることができて2度楽しむことができました!

 

 

お問合せ

 

 

よく聞かれるオンラインウエディングのQ&Aを集めました

 

オンラインウエディング(結婚式)のQ&A

オンラインウエディングを開催するのに、招待状は送る?ご祝儀はどうする?など多く頂く質問をまとめしました。

 

オンラインウエディングの招待状はどうしたらいい?

オンラインウエディングを行いますので、参加して下さい。など通常の結婚式の招待状と同様に作成し、オンラインウエディングでどのような形で行う予定かわかるようにしておきましょう。招待状は紙のもの、web招待状などどちらでもOKです。

 

オンライン用の招待状の作成の仕方

 

ゲストはどんな衣装がいいの?

配信の仕方によってことなります。

You tubeのように一方通行の配信の場合は、ゲストの顔が表に出ることはないので普段着で問題ないと思います。オンライン中継で新郎新婦と披露宴会場でつながる場合は、スクリーン上に映し出されるので、結婚式らしい服装をするのがおススメです。

 

オンラインウエディングに招待する人数は?

オンラインは人数制限がありませんので、声を掛けられる人にはたくさん声をかけて、お祝いしてもらったらいかがでしょうか。会場にゲストを呼ぶスタイルだと、会場の大きさや予算の関係で人数制限がありましたが、オンラインの良さはそれがなくなることですね。二次会から参加してもらう予定だった人などに声をかけてみるのもおススメです。

 

ご祝儀などのお祝いはどう渡したらいい?

ご祝儀やお祝い金に関する質問がとても多いので、新郎新婦側、ゲスト側にわけてお答えします。

新郎新婦

オンライン出席の人にご祝儀を頂いた場合は、後日半返しなどお礼の品を贈りましょう。事前に各自宅に結婚式用の料理や乾杯酒、引出物などを郵送できるサービスがあれば、それを贈り当日一緒に楽しんでもらいましょう。ご祝儀はオンライン決済で送金されたり、振り込みされることが多いようです。

又は、オンライン参加者は会費〇〇円とあらかじめ金額をきめて頂くこともあります。金額は自由に設定して頂けますが、10,000円前後を頂く場合は、引菓子やプチギフト、乾杯酒などを事前郵送するケースがあります。

 

ゲスト

ゲストからはオンラインウエディングに招待されたものの、招待状に何も記載がないとご祝儀をどうやって渡したらいいか、ご祝儀を用意するものか、金額は一般的なご祝儀と同じになるのか、などの質問が寄せられています。

新郎新婦からご祝儀についてのアナウンスがない場合は、一般的な結婚式と同様の金額でご祝儀を用意される方が大半でした。渡し方はオンライン決済、振り込みがほとんどで、結婚式後に内祝いのお礼が送られてくることが多いです。

ゲストはご祝儀を用意する、しないの判断が難しいので、出来るだけ新郎新婦から発信をして、ご祝儀・会費の有無を決めていった方がよいでしょう。

 

オンラインウエディングに司会者は必要?

 

式場で結婚式を挙げる場合、式場とオンラインを繋げる役割もあるのでプロの司会者がいた方がスムーズに進行ができます。プロの司会者をいれない場合、新郎新婦は当日とても忙しいので、友人や知り合いなどにお願いをした方がいいでしょう。

オンラインウエディングをするための準備は?

プロカメラマンによるオンライン配信であれば、結婚式当日に配信する専用のURLを準備してもらい、ゲストに送るだけで準備は完了です。

 

 

お問合せ

 

オンラインウエディングの進行例

オンラインウエディングでは実際にどのような進行をしているのかご紹介します。

アイスタイルオンラインウエディングでは、サムネイルのついたURLをお送りしています。↓

 

 

 

 

◇挙式のみ配信(12時挙式と仮定した場合)

10時30分 オンライン配信チェック・準備等、配信スタッフが準備をします。

11時50分 配信サイトがオープンします。

12時00分 配信スタート

     新郎新婦の支度準備やゲストの揃い具合によって必ず12時に挙式がスタートするわけではありません。

     当日の状況により実際の挙式が遅れることがあります。ただ12時~配信スタートとしているので、

     現地の様子(例えば、チャペルの様子、ゲストの様子など)が配信されます。

12時20分 挙式の終了と共に配信終了

 

 

ご紹介してきたようにオンラインウエディングには様々なスタイルがあり、どれをチョイスするかは新郎新婦次第になります。しかしオンラインウエディングはスタートしたばかりなので、自分たちにあうスタイルはどれを選んだらいいか、どのようなプランがあるのか、などわからないことも多いと思います。そんな時は結婚式のプロに無料で相談をしましょう。

「自分たちにあったオンラインを選んで欲しい」「遠方に住んでいる人だけオンラインを予定している」「オンラインウエディングでどんな演出ができる?」などざっくりしたイメージで大丈夫です。お2人の希望にあったスタイルをご提案させて頂きます。

アイスタイルオンラインウエディングでは、対面での打ち合わせの他にオンラインを使った打ち合わせも行っております(内容は同じです)ので、お2人の都合に合わせて選んでください。お気軽にご相談下さい!

 

お問合せ